ブラック研究室で修士課程を修了ー研究室で学んだこと

2020年3月に修士課程を卒業して、4月から晴れて社会人となりました。

本記事では、社会人となって約1ヶ月たった今、大学院の研究室生活で学んだことを紹介します。(後半は不謹慎な内容が含まれているので、読まれない方が賢明かもしれません)

専門知識を身につけることができた

大学院という場所にいたので、もちろん専門知識は身につきました。その分野に関しては、世界で1000番目以内に詳しいと思います。

そこまで自信を持っていえる根拠があります。なぜなら、学会を通して多くの教授や研究者とディスカッションを行いましたが、自分が専攻した分野では自分が一番詳しかったからです。

もちろん、専攻から少しはずれると、他の研究者の話には入れないほどド素人になります。(まだ学生だったのでしかたがないかもしれませんね…)

しかし、社会人となった今、専門知識に関わる仕事をしていません。研究室生活3年で学んだ知識は全く役に立っていません。

ゆえに、大学院で勉強したことはただの趣味であると言っても過言ではありません。(今後役立つことがあれば嬉しいなと言うところです。)

時間・お金の大切さを学んだ

大学院生は社会人となった同級生を指をくわえながら、無給で研究に励む人種です。

さらに研究室選択を誤ると、土日や長期休暇はなくなり、夜も何時に帰れるかわからない生活を強いられる可能性があります。

私は運悪くもブラック研究室に配属されたので、時間もお金もない生活を3年間強いられてました。

そんな生活を3年も過ごすと、社会人となったときすごくゆとりができます。ゆえに、勤務時間中はさらに頑張ろう、もっと色々なことに挑戦したいという気持ちが強くなります!!

(会社では労働基準法に基づいた就業が行われるから時間にゆとりがあります。大学院生活の時に労働基準法を読むと楽園のように感じられます。)

さらに、お給料もいただけるので、自分磨きに使えて、人生の幸福度が向上します。

ブラックの環境を経験せずに社会に出ると、勤務時間が長いとか安月給だという不満に駆られるそうですが、私は社会人生活に全く不満を抱けませんでした。

時間とお金の大切さを学べたので、過酷の環境に身を置いてよかったと思いました(開き直りです…)

大学院に進学するべきか

あなたが一番気になることは大学院に進学するべきかどうかということだと思います。

私の意見としては「人それぞれ」に落ち着きます。しかし、それでは答えになっていないので、大学院に進学すべき人を紹介します。

あなたが今幸せを感じていないのであれば、大学院に進学すべきだと思います。大学院生活を経験すると、「社会人になって約1ヶ月!今のところ幸せです!!」に書かれた小さなことで幸せを感じることができます。

しかし、約束してほしいことは、無理だと思ったらすぐに研究室から逃げてください。自殺はしてはいけません。大学の先生にとって学生が1人死んでもなんとも思いません。(自身の立場の心配はするかもしれませんが…)

企業の方々は、ヤバい研究室があることを知っているので、途中で逃げたからといってマイナス評価はしないと思います。私の研究室から10人近くの人が途中で辞めていますが、全員が就職しています。

そして、修了生や中退生が全員今が一番幸せと実感しています。

ゆえに、幸せを感じておらず、逃げ切れる自信がある人は、大学院の進学をおすすめします。

そうでない人は、大学院には進学しない方がいいというのが私の持論です。(本気で学問を修めたい人には申し訳ありませんが、実体験によりこのようなひねくれた考えに至りました…)

コメント

タイトルとURLをコピーしました